今朝の新聞広告の中に、W氏の本「愛ふたたび」とそれに関する数人の有名人の感想が掲載されていた。W氏は”社会と私(私生活)の境界領域”で小説を書く有名な人である。氏の本は読んだ事はほとんど無いが、タイトルとそのあらすじを見ただけでも、多くは表通りを堂々と闊歩する本ではないことがわかる。社会の現況の一部を鋭く摘出して大衆迎合的に書いているため、現代文学として高く評価する人も多いと思われるが、それだけに、社会に対する影響も大きい。注1 ここで言及したいことは、「おおやけ」と呼ぶ社会の枠組み、つまり社会の表舞台、の大切さである。上記のような本が広告とはいえ、新聞の二面で披露されることは、「おおやけ」を支えてきた伝統的価値観を徐々に破壊する可能性があるということである。注2 その類の本は昔からあった。しかし、それらは然るべき場所でこっそりと販売されていた。注3一方、W氏の本は文学として、大衆の前面に出ている。最近、民主主義(democracy)ということばを誤解して、大衆(demos)の私的興味とそれに由来する主張が、大手を振って“公の街道”を通るようになった。その風潮を利用して、W氏はきわどい本を書き(新聞というおおやけのものとして大切にすべき媒体を用い)、大々的に宣伝販売をしているのである。

 民主主義を純粋培養して用いても、上手く社会を動かせないことは、明らかである。現在のシリアやエジプトの姿を引用するまでもない。政治が上手く機能する鍵は、“民主”ではなく“公”という概念が、その国の文化に定着していることである。 この“公(おおやけ)”を私流に定義すれば、社会を構成する個人がその良識に基づいて、”前を向いて共有する空間”の意味である。英語ではpublicが最も近い単語になる。これに対することばは、地下つまりunderground(アングラ)である。
 植物は地下に根を張って、必要な養分と水分を吸収する。ただ、その活動の大部分は光合成により為される。大胆な比喩を用いれば、等しく太陽の方を向いて行う光合成が公の活動であり、地下から必須ではあるが“個的”に養分を吸収するのがアングラ的活動である。アングラ活動をわざわざ日のあたる公の空間に持ってくる事は、伝統的知恵に従って禁止されてきた。それらは社会を乱し、公の空間に不当に干渉するからに他ならない。
 もし、この公が強く意識されているのなら、独裁政治や寡頭政治も政治形態として上手く機能するのではないだろうか。また、この公が軽視されたなら、民主政治は衆愚政治に堕落すると思う。公の空間は大衆により創られるが、上記比喩でも判る様に太陽に相当するものが必要である。西欧ではキリスト教的伝統が、日本では神道や仏教的伝統がその役割をしてきたのだろう。宗教が社会から消えようとしている現在、それに代わり得るのは優れた教師による幼少時からの強力な哲学教育しかないと思う。

追加:昨日から話題になっているアイススケーターの件も同様。公の電波に乗せて大々的に報じることではない。

注1)本を読んでから批判すべきであるのは言うまでもない。ここで批判しているのは本の中身ではなく、その中身の説明を含む宣伝や販売の方法に関するものである。
注2)一夫一婦制や秩序ある男女の交際は、おおやけの秩序の基本である。もちろん、道路交通法のような法律同様、完全に守られている筈はないが、公の舞台では守るべき規律である。
注3)エロ小説と比較するのは失礼だという人も多いだろう。一部の人が専門的に共有する同好会的社会で発表するのなら、高く評価されてもよい。