末っ子が昨日、高熱を出した。

朝は37度後半で、これはただの風邪ね~とそのへんのヤブより当たる

素人ママの勘で思っていたら、ぐんぐん熱は上がり39度。

どうして、木曜の午後に高熱になるんだ?!と思いながら

この上がり方は、もしかして、もしかしてのインフルエンザ?

12時間経過した頃に検査に行ける病院…と探して行着いた初めての小児科。

ほぼ2時間待ちしまして、やっと診察してもらったときに言われた。

「周期性発熱っぽいなぁ…」と。

ママをかれこれ8年はしてますから、子どもの病気にはかなり詳しくなった。

ノロ、ロタ、アデノ、プール熱、ヘルパンギーナにペルテス病、川崎病と

こどもたちが各種なったり、なりかけたり、疑われたりしたおかげで

いろいろ知ってますが、つい聞き返したほどに初めて聞く病名。

「周期性発熱」と書きます、と教えてくれた。

特徴としましては…

・毎月のように高熱、ただし元気。

・高熱が3-6日続き、抗生物質があまり効かない

・扁桃腺炎と診断される

・家族歴がある

といった具合なんですが、

これはまさに”うちの年長の息子!!”じゃないですか!

兄弟間、家族間で遺伝がよくみられるそうで、周囲にいませんか?と

聞かれました。

ええ、いますとも!医療従事者のママ友たちに

本気で受診をすすめられたり、保育士さんたちに「大丈夫ですか?」と

こども以上に呆れられているくらいの発熱頻度の人が…

うちの夫ですよ。

この周期性発熱(PFAPA症候群)は診断もむずかしく、

県内ではここだけですよ!とか。

へぇ・・・それはまた、すごいのを引き当てたものです。

血液検査の結果でわかるそうで、ついでに血液検査。

(ただし、ふつうの小児科の血液検査では検査しない項目だとか)

抗生物質は効かないけれど、少量のステロイドを内服すると数時間で解熱。

うーん、ステロイド…と思いつつ、内服したら

39度が数時間で36度に。

3日以上はかかるといつもの経過で思っていたのに…。

病院で次回受診時に去年1年間の発熱を書いてきてください、と

カレンダーを渡された。

そうはいっても、我が家、3日発熱が続いて、小児科…としている。

そうでないと、ものすごい頻度で受診することになりまして…

小児科受診を増やすと、そこで病気をもらって帰るのはもうお約束!

だからお薬手帳見ただけでは発熱頻度がわからないわ~と思ったら、

ありました!園での出欠ート。

ほかにも高熱が続くと、手帳に私はメモしていた。

それらを見ながらカレンダーにマークを付けた。

もうびっくりです!!なににびっくりって、うちの息子たちの登園頻度。

これはあの金額でこの日数?!くらーっと今さらながら眩暈がした。

9月と12月ではこんな感じでして…これが毎月…。

(青が年長の息子、ピンクが年少の息子)

年長の息子はいままで何度も”不明熱”と診断されてきた。

高熱が3日以上で風邪以外の病気を疑われる→血液検査→異常なし、

ただ解熱しないだけ…で、不明熱。

あれもこれも”周期性発熱”で、私の服の着せ方(実母がうるさい)とか

換気(義父母が異常にうるさい)ではなかったのね~!と。

遺伝性と病院で指摘されるまでもなく、知ってましたよ。

「夫の遺伝子のせいだ!弱すぎる!」と何度言ったことか。

ただ、最近の研究によると、以前は卵子に一番にたどりついた精子と受精する、

といわれていたけれど、卵子が精子を選んでいるらしく、

順番は関係ないらしい。

ということで、夫は「メイさんの責任やで。」と言う…。

私の卵子が選んだ結果ですか…厳しい選択を迫られたんだろうと

推察するに余りある。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村